夜景と夕食と朝食


あと3行で終わり、というところで、全部消えました(;_;)
はー。。。

さて、気を取り直して。

香港2泊目の夜、ビクトリアピークに行ってみることにしました。
夫婦2人とも行ったことはあったのですが、一緒に行かなきゃ、ということで(^^)

スターフェリーで香港島に渡ります。
c0214842_1125635.jpg


シャトルバスでピークトラム乗り場へ。
c0214842_1131349.jpg

なんと、2階建てのオープントップバスなのです!
有料とはいえ安いのに、ちょっとした観光気分。

でもあっという間に到着。
c0214842_1133866.jpg


このトラムが折り返します。
それにしてもこの乗り場、ずいぶん綺麗になった気がするなぁ。





おなじみ、百万ドルの夜景。
c0214842_1135880.jpg

まだ完全に暗くなっていなくて、紫がかった空がとても綺麗でした。

そして夕食は、九龍側に戻って取ることにしていました。
この日は広東料理。でも、ホテル代で予算オーバーだったため、ミシュラン星獲得店などは無理!
安くて美味しい、というガイドブックの情報を信じて、
『稲香(ドゥヒョン)』というレストランに行ってみました。
「最近香港で成長著しい美食集団・稲香グループのフラッグシップレストラン」とのこと。
紹介されていたのは灣仔のお店でしたが、尖沙咀に支店があって
ホテルから徒歩圏内だったので、そちらに行ってみました。

いちおうアメックス経由で予約を入れておいたのですが、確認もせず案内されました(^^;)
だからといってすいていたわけでなく、ほぼ満席で大にぎわい。

食べたものはこちら。
c0214842_1142244.jpg

(手をつけててゴメンナサイ)
c0214842_114399.jpg


c0214842_115570.jpg

あー、放置した結果、料理の名前などは全部忘れちゃった(爆)
でもガイドブックに書いてあったことは本当でした。
どれも感動的に美味しい!そして安かったです。

c0214842_1225814.jpg

内装はモダンでお洒落。
右側の水槽に魚がたくさん。海鮮もウリのようでした。

ただ、唯一にして最大の欠点は、英語が通じにくいこと。
最初に対応してくれた人はほとんど話せず、代わりに来た人もギリギリ。
香港なのに、と驚きました。
まぁそれも地元っぽくて楽しかったですけどね!

お店を出て、ホテルへ帰る途中、『翠華餐廰』というお店の前を通ったのですが、
何だかやけに美味しそう。朝食にぴったりのメニューがありました。
しかしもう食事のスケジュールに空きがありません(-_-;)あきらめることに…。

***
そして翌朝。
マカオでも美味しいお粥を食べましたが、香港でも食べたい!
でもガイドブックにはホテルの近くのお店が載っていない、ということで、
コンシェルジュに聞きに行きました。
最初の男性がPCで調べたもののうまくヒットしなかったようで、別の男性に引き継ぎ、
もう一人の女性と話して、「僕たちはチャイニーズだから間違いないよ^^」と
お薦めを教えてくれました。ペニンシュラで持っている情報というわけではなく、
個人的に知っているお店だったようです。

そのお店は、ホテルから徒歩3分のところにありました。

c0214842_1191159.jpg

壁に貼ってあったメニューです。

c0214842_1192978.jpg

右上の魚のすり身ボールがたくさん入ったお粥を食べました。
めちゃめちゃ美味しかったです!

お店の名前はすっかり忘れていたのですが、この写真に写っていました。
『潮發粥麺』。漢口道にあります。

大満足の夫、その隣で何やら挙動不審な私。
実は、昨夜の『翠華餐廰』がどうしても忘れられなかったのです(><)
夫を説き伏せて、はしごすることに(笑)

c0214842_1195440.jpg

お目当ては、この丸いトースト。

c0214842_1201338.jpg

興奮して食べ始めちゃいました(^^;)←よくやってしまう
バターを塗った上にコンデンスミルクがかかってます。甘くて美味し~い♪
夫は一口しか食べませんでしたし、私もかなり満腹だったのですが、行って良かった!
また食べたいです。

ちなみにこの後、両替をしました。
昔なら治安が悪くて入ることができなかった「重慶大廈(チョンキンマンション)」が
レートがいいということで、行ってみました。
入口付近両側の2店舗は、事前情報通りレートが悪い。でもその奥は非常に良かったです。
昼間であれば、まず危なくありませんので、お勧めです。

次回もたぶん、食中心です(笑)
[PR]
by piccologne | 2010-06-14 01:27 | 200909 Macau&HK